夫婦でマイホームを購入したり相続等において、不動産を共有名義にする人も多く見られます。
しかし共有名義で不動産を所有する場合には、管理や売却等がしにくくなるなどのトラブルが生じやすいのが実情です。
このようなことから、どのようなトラブルが想定されるのかをしっかりと把握した上で、それを回避するためのポイントを事前に知っておくことが大切です。
共有名義不動産のトラブルを回避するためには、共有持ち分を売却した上で、共有名義を解消するのが一番の方法と言えるでしょう。
具体的にどのようなトラブルが発生するのかを把握することにより、あらかじめトラブルを避けることができ、万が一の際にも解除をすることにつながります。

様々な視点においてトラブルが考えられます

不動産を共有名義で所有した場合には、様々な視点からトラブルが予想されることでしょう。
まず最初に相続に関しては、売却が難しくなることが考えられます。
共有名義不動産は、建物や土地等の所有権を複数人で所有しています。
所有者が何人もいるという事は、1人が売却をしたいと考えても、その個人の考えだけで売却することはできないのです。
具体例を挙げると1つの建物を相続して、3人で共有名義になったとしましょう。
持ち分は3分の1ずつとなり相続としては平等になるかもしれませんが、1人でも売却に反対した場合には建物を売却することができないのです。
さらに新たな相続が発生すれば、それはより複雑なものへとなってしまいます。

そして夫婦間におけるトラブルとしては、万が一離婚した場合にトラブルになることが想定されます。
共有名義で自宅を購入したけれども離婚をすることになれば、自宅を売却するのか、住み続けるのかによりトラブルが発生します。
住み続けるにしても住宅ローンの支払いが負担となり、滞納することになれば、住み続ける人がその支払いまで求められるのです。
また夫婦で共有する場合には、やはり相続で今後の共有者が増える可能性も大いに考えられます。
最初は夫婦での共有でも、2人の子供が相続すれば、共有者が増えていきます。

トラブルを避けるためにはどうすれば良いのか

相続した場合や夫婦での共有名義の購入などのケースで、トラブルが予想されますが、これらを避けるポイントがあります。
万が一トラブルが生じると、時間やお金をかけるだけではなく、精神的にも大きなストレスを抱えることにもなります。
出来る限りトラブルを避けるためのポイントを把握しておくことが大切です。

まず1つ目にあげられる事は、相続の際に別の遺産と等価交換してもらう方法が挙げられます。
相続がきっかけとなり共有名義不動産を所有するとなれば、長い目で見て将来的にトラブルになる可能性が予想されます。
自分自身がなくなった場合にも、それを相続した子供が巻き込まれてしまう可能性も考えられるでしょう。
これらを避けるためにも、そもそも共有名義の不動産を相続しないのが一番です。
相続の話し合いの段階で、自分の持ち分を別の遺産と等価交換してもらうのも1つです。

そして夫婦で不動産購入をするのであれば、単独名義にしておくことも大切です。
共有名義の方が単独名義よりも節税できるのですが、それよりもデメリットの方が上回る可能性もあります。
目先のメリットにとらわれるのではなく、トラブルを避けるためにはどのようにすれば良いのかを考えましょう。

万が一トラブルが発生した場合には

トラブルを避けていたとしても、場合によってはトラブルが生じる可能性も大いに考えられるでしょう。
その際にどのような行動をとれば良いのか、トラブルを解消する方法を知っておくことも大切です。

まずは共有不動産を全部売却することです。
共有不動産を既に所有していて、すでにトラブルが起こっている場合には、今後もそれが続く可能性は大いに考えられます。
共有者全員にとっても良いことではないため、全てを売却することも選択肢の1つになり得るでしょう。
売却で得たお金を持ち分の割合に応じて分配するのが得策です。
しかし全員の合意が必要であり、足並みを揃える必要があります。

そして持ち分移転で単独名義にすることも1つです。
特に共有している人物が2人である場合には、どちらかに持ち分を移転するのは良い方法です。
自分の持ち分を他の共有名義人に売却するのが持ち分移転と呼ばれるものです。
名義人が1人になれば、その後不動産をどうしていくのか、動きやすくなるでしょう。

そして土地の場合には、分筆することにより共有名義の解消も可能です。
共有名義で登記されている1つの土地を、人数分に分けることを指しています。
この方法であれば分けた土地1つずつに名義人1人が登記されることから、共有状態が解消されるのでこれがトラブルの解消にもつながります。

まとめ

どのような形で共同名義の不動産を所有することになったのかにより、想定されるトラブルは大きく異なります。
出来る限りトラブルを避けたいと考えるのであれば、共有名義になることを防ぐのが一番です。
すでにトラブルが生じているのであれば、全てを売却したり持ち分移転をする、分筆するなどの方法から、一番良いと思われるものを選択することが大切です。
共有名義人の意見を揃えることができずに、なかなか解消につながりないのであれば、プロの専門家に依頼することも一つの手段です。
どのようにすれば円満に追われるのか、また最適な方法などをアドバイスしてもらえることでしょう。

おススメHP
共有名義不動産を持っていてトラブルになってしまった方
共有名義の不動産のトラブルは専門家にご相談ください

株式会社中央プロパティー
東京都千代田区丸の内1丁目6番5号 丸の内北口ビルディング23階
お客さまご相談室:0120-244-021